大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻

学生の声

 

生産工学研究グループ 博士課程1年  南 秀鉉

p17Pic_Nam.jpg

私が本大学の航空宇宙工学専攻で学び始めたのは,修士1年次からです.それまでは他大学で材料工学を研究していました.入学当初は他大学からの進学からということで不安が大きかったのですが,研究室内はアットホームな雰囲気ですぐに慣れることができました.そして,何より教授陣はもちろんのこと学生全員のレベルが非常に高く,日々新たな発見ばかりで,刺激を受けながら以前まではあまり感じることのなかった充実感の中で研究に打ち込めています.興味のある方は是非一度見学にいらっしゃって雰囲気を肌で感じてみてください.

 

空力・推進講座 流体力学研究グループ 博士前期課程2年 長尾茉奈

student01.jpg

航空宇宙工学とは飛行機やロケット,人工衛星などに関する学問を指し,一言で言えば壮大で夢がある分野です.名古屋大学がある東海地区は航空宇宙産業の中心地であり,多くの企業が集中しています.大学ではその地の利を活かし,企業の方による講演が頻繁に開かれます.普段なかなか耳に入らない航空宇宙産業に関する現場の声を聞くことで,将来自分もその現場の一員になったとき何をやり遂げることができるのか知ることができます.また,先生や学生の距離が近く有意義な学生生活を送ることができると思います.

 

衝撃波・宇宙推進研究グループ 博士前期課程2年 山下 雄輝

p17yamashita.jpg

私が本校の航空宇宙工学専攻で学び始めたのは修士1年次からです.それまでは岡山大学で機械工学を専攻していました.入学当初は他大学からの進学ということで不安が大きかったのですが,研究室のメンバーは気さくな方が多く,すぐに慣れることができました.そして何より学生全員のレベルが非常に高く,日々刺激を受けながら充実した学生生活を送っています.他大学との一番の違いは外部講師を招いた航空宇宙工学に関する特別講義が多いことだと思います.興味のある方は是非一度見学に来て雰囲気を直接感じてください.