概要

学科長からのメッセージ

 平成29年度の本学工学研究科改組を受けて,機械航空系は新たに3専攻体制(「機械システム工学専攻」,「マイクロ・ナノ機械理工学専攻」,「航空宇宙工学専攻」)の組織として生まれ変わりました.新たな体制では,3専攻が密接に協力し,今後ますます多様化・深化する機械・航空宇宙工学系の学理の整備・体系化,産官学連携による世界有数の教育・研究拠点の形成,ならびに国際的な視野を持ち,広く社会の各方面で活躍するイノベーティブな人材の創出をリードしていきます.これにより,基盤産業を支え,新たな産業を創出し,より豊かな社会の実現に貢献していきます.

 学部の機械・航空宇宙工学科は,超小型精密機械から航空宇宙機といった多種多様かつ複雑なシステムを創りあげるために必要な基礎・応用技術を探求する学科です.機械工学および航空宇宙工学に共通する基礎教育の後,専門教育として根幹となる分野を最先端の機器と設備を備えた環境の中で学びます.企業からの寄付講座や協力講座を活用した実践的な教育や国際的教育プログラムによる英語による教育も行っております.

 大学院における機械系3専攻の詳細は専攻ごとの紹介ページに記載の通りですが,その概要は以下の通りです.博士課程は前期課程(2年間)と後期課程(3年間)からなりますが,博士課程修了生に対する社会の期待は年々高まり,社会問題を広い視野からとらえ解決できるエキスパートとして社会での活躍が期待されています.文科省の各種プログラム等を活用しつつ,様々な学生支援を実施しながら後期課程への進学を積極的に奨励しています.中京圏は,自動車,ロボット,工作機械,ロケット,航空宇宙機等に関する世界的にも類を見ない産業群の集積地であり,本学の機械系3専攻が果たすべき役割は極めて重大であります.こういった社会からの期待に応えつつ,成熟した社会における新たな機械・航空宇宙工学の創成をめざして,教職員一丸となって教育および研究に邁進しております.

p2b.png

機械・航空宇宙工学科学科長 長谷川 泰久

Yasuhisa HASEGAWA

 

87c49690086151441fdb87be4fc65a6f.png