●ENGLISH  ●JAPANESE 




-HOME-
-概要-
-組織-
-教育-
-研究-
-飛行性能評価風洞-
-アクセス・連絡先-

飛行性能評価風洞

共用設備である飛行性能評価風洞が航空・機械実験棟内に設置されています。学外の大学・研究機関・企業や学生課外活動団体の皆様も利用可能です。

予約はこちらから(名古屋大学設備・機器共用システム)

「設備・機器検索&予約」>「専攻・研究部門」で「航空宇宙工学専攻」を選択・検索することで表示されるID606~610の5点をご利用いただけます。

利用規定などについては下記問い合わせ先までご連絡ください。

問い合わせ先
 航空宇宙工学専攻 赤井 直紀 (akai[at]nagoya-u.ac.jp)
          原 進 (haras[at]nuae.nagoya-u.ac.jp)
          ※[at]を@に置き換えてください




非定常流・突風発生装置(ID606)
(株式会社西日本流体技研)
最大風速:約10 m/s
風洞吹出し口:2 m × 2 m
±90°の範囲で稼働する10枚のルーバーにより非定常流や突風の生成が可能




定常流発生装置(ID607)
(有限会社正豊工学実験装置製作所)
最大風速:約30 m/s
風洞吹出し口:1 m × 1 m




飛行体計測システム(ID608)
(アキュイティー株式会社)
モーションキャプチャカメラ:OptiTrack PrimeX 41 (12台)
有効計測エリア:15 m × 8 m × 8 m (高さ)
カメラの性能については こちら をご覧ください。




飛行実験空間シミュレータ用VRシステム(ID609)
(リコージャパン株式会社)
プロジェクタ:RICOH PJ WUL6590
スクリーンサイズ:6.46 m x 3.74 m




航空・機械実験棟スペース(ID610)
約18 m × 14.5 m
非定常流・突風発生装置(ID606)、飛行体計測システム(ID608)、飛行実験空間シミュレータ用VRシステム(ID609)の利用スペース(その他の目的でも利用可)