大学院工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻

slide_univ004.jpg
visual001.jpg

Graduate Department of
Micro-Nano Mechanical Science
and Engineering

マイクロ・ナノ機械理工学専攻

 本専攻では,機械工学の高度な専門性に加えて学際的な広い視野を有し,機械工学における新学術領域の創成,機械産業の変革および新産業の創出などにあたることができる指導的な研究者・技術者を育成することを目的としています.

 近年のマイクロ・ナノテクノロジーの進展に伴うミクロな視点に立った機械工学は,学問体系全体を革新することが期待されており,マイクロ・ナノシステムを総合的に扱うわが国初の専攻として,1994年にマイクロシステム工学専攻が設置されました.そして,マイクロ・ナノスケールの超精密機械技術に対する社会のますますの期待の高まりを受けて,工学研究科では2017年に材料および加工分野を加え,これまでの機械系専攻間の領域横断的な位置づけの専攻から,新しい機械工学としてマイクロ・ナノ機械に関する科学と工学を総合的に教育・研究する独立した専攻,マイクロ・ナノ機械工学専攻へと強化・発展させることとなりました.

 本専攻では,機械システム構築のための基本技術分野である材料・加工・計測・制御分野の教育指導を行うと共に,応用分野として,ナノデバイス,機能表面,微細加工プロセス,複合材料,情報機器,医用機器,ロボットなどの多様な学際的研究テーマを対象とした研究指導を行うことで,機械工学の研究者・技術者として基盤的知識の習得と学際的思考を養成します.すなわち,機械工学におけるミクロからマクロまでの基盤的能力を養成する教育指導を行い,さらに環境・エネルギー,健康・医療,航空・宇宙などの成長分野との連携による学際的な研究指導を行うことで,機械工学の新しい学術領域を創成する研究者,および先端的な機械材料,機器,システムなどの分野で,産業の変革,新産業領域を創出する研究者・技術者を養成します.これまでのマイクロ・ナノシステム工学専攻の卒業生は,学術界・産業界において,精密機械産業から自動車・プラント産業まで様々な分野で指導的な研究者・技術者として活躍しています.

 また,附属マイクロ・ナノメカトロニクス研究センター,機械システム工学専攻及び航空宇宙工学専攻とは連携して,高度な教育・研究を展開しております.

専攻長あいさつ

 令和3年度の専攻長を拝命した長谷川でございます。本専攻は、機械システムにマイクロ・ナノメータ領域の視点を導入し、基盤技術である計測・制御・材料・加工分野の教育をすると共に、ロボット、情報機器、複合材料、宇宙、医用機器、機能表面、微細加工プロセス、MEMS などを研究テーマとした学際的視点も涵養することで、新研究分野の創成、新産業の創出などにあたることができる人材を養成しております。

 昨年から続いているコロナ禍はパンデミックリスクという密集社会固有の脆弱性も浮き彫りになりました。コロナ禍によって、テレワークやオンライン会議などを利活用する社会となり、個人のライフスタイルにも少なからず変化があったかと思われます。このライフスタイルの変化は、十分に発達した通信技術と情報処理技術が既に整っていた為、DX が一気に加速し、距離の制約がある面で緩和することができました。


 我々は、マイクロ・ナノレベル機械系技術を駆使し、社会インフラ・健康・情報・環境の分野へ貢献し、イノベーションを起こして行くとともに、継続的にイノベーションを起こせる人材を輩出していきたいと思っております。また、今後の社会リスクにも活用できる各種技術の研究開発を、医学・生物学をはじめとする他分野と連携しながら取り組んで参ります。

専攻長 長谷川 泰久
Prof. Yasuhisa Hasegawa

 

 

イベント・受賞

おしらせ

  • 本専攻スタッフが主催する関連学会,講演会,特別公演などの開催情報
  • 博士論文公聴会などの開催情報などをお知らせします.

 

 

受賞