大学院工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻

slide_univ004.jpg
visual001.jpg

Graduate Department of
Micro-Nano Mechanical Science
and Engineering

マイクロ・ナノ機械理工学専攻

 本専攻では,機械工学の高度な専門性に加えて学際的な広い視野を有し,機械工学における新学術領域の創成,機械産業の変革および新産業の創出などにあたることができる指導的な研究者・技術者を育成することを目的としています.

 近年のマイクロ・ナノテクノロジーの進展に伴うミクロな視点に立った機械工学は,学問体系全体を革新することが期待されており,マイクロ・ナノシステムを総合的に扱うわが国初の専攻として,1994年にマイクロシステム工学専攻が設置されました.そして,マイクロ・ナノスケールの超精密機械技術に対する社会のますますの期待の高まりを受けて,工学研究科では2017年に材料および加工分野を加え,これまでの機械系専攻間の領域横断的な位置づけの専攻から,新しい機械工学としてマイクロ・ナノ機械に関する科学と工学を総合的に教育・研究する独立した専攻,マイクロ・ナノ機械工学専攻へと強化・発展させることとなりました.

 本専攻では,機械システム構築のための基本技術分野である材料・加工・計測・制御分野の教育指導を行うと共に,応用分野として,ナノデバイス,機能表面,微細加工プロセス,複合材料,情報機器,医用機器,ロボットなどの多様な学際的研究テーマを対象とした研究指導を行うことで,機械工学の研究者・技術者として基盤的知識の習得と学際的思考を養成します.すなわち,機械工学におけるミクロからマクロまでの基盤的能力を養成する教育指導を行い,さらに環境・エネルギー,健康・医療,航空・宇宙などの成長分野との連携による学際的な研究指導を行うことで,機械工学の新しい学術領域を創成する研究者,および先端的な機械材料,機器,システムなどの分野で,産業の変革,新産業領域を創出する研究者・技術者を養成します.これまでのマイクロ・ナノシステム工学専攻の卒業生は,学術界・産業界において,精密機械産業から自動車・プラント産業まで様々な分野で指導的な研究者・技術者として活躍しています.

 また,附属マイクロ・ナノメカトロニクス研究センター,機械システム工学専攻及び航空宇宙工学専攻とは連携して,高度な教育・研究を展開しております.

専攻長あいさつ

 令和2年度の専攻長を拝命した秦でございます.令和2年度という年度は,間違いなく歴史に残る年度となるでしょう.今,新型コロナウイルス(COVID-19)が,日本,そして世界をその厄災で席巻しています.わずか100 nm足らずのウイルスが,世界の人々を自宅に閉じ込め,原子力空母を行動不能にし,国家や社会を機能不全にしています.4月上旬現在,東京,大阪など7つの都府県は現行憲法下初の非常事態宣言がなされ,名古屋も時間の問題です.特に東京は感染爆発前夜の状態で,医療崩壊も危惧されています.この厄災は,いつか必ず終息しますが,その後の世界,社会は,今までのものとは一変しているでしょう.それは歴史が証明しています.

  しかし,令和の時代とは,このように理不尽な災害,厄災が繰り返し日本や世界を襲う時代なのです.おそらくこの新型コロナウイルスの厄災すら,日本にとっては,今後30年以内に地学的には,ほぼ100%の確率に襲うであろう首都直下地震や南海トラフ地震,それに誘発されるであろう富士山を始めとした火山噴火をもたらす大地動乱の時代の前座かもしれません.先の大戦以来,例外的に平和な時代の続いた日本は,ただでさえ,あの東日本大震災や原発事故の傷跡がまだ深く残っているのに,もう耐えられないかもしれない厄災の連続です.

 このような時代に,若い学生諸氏は何をすべきか?一つしかありません.学び学び尽くすことです.このような時代にもかかわらず,名古屋大学という優れた教育研究環境で学べるということ自体が,どれだけ奇跡的なことなのか,今の一瞬一瞬がどれだけ貴重な時間なのか,今まさに自宅待機を命じられている君たちなら,十分理解できると確信しています.困難な時だからこそ,日々の学修のみならず,友人を作り助け合い,座学のみならず,あらゆる事を貪欲に学んでください.そして,私は諸君がどんな状況,時代になっても真に生き抜ける指導的な研究者・技術者となれるよう,1994年から日本で初めてマイクロの名を冠した歴史ある本専攻と諸君とその研究学修機会を守り,この厄災後に速やかに復興し,一層発展できるために,微力を尽くす覚悟です.

1x1hata.jpg

専攻長 秦 誠一
Prof. Seiichi Hata

 

 

イベント・受賞

おしらせ

  • 本専攻スタッフが主催する関連学会,講演会,特別公演などの開催情報
  • 博士論文公聴会などの開催情報などをお知らせします.

 

 

受賞

  • 野老山貴行 准教授の「日本機械学会論文賞」受賞が決定いたしました.(R2.3.5)
  • 村島基之 助教が「日本機械学会奨励賞」を受賞しました.(H31.4.18)
  • 梅原研究室M2岡本竜也君,M1今泉友佑君,M1嶽野広明君,M1山田高澄君が「日本トライボロジー学会 トライボロジー秋の学校in愛知 ポスター優秀賞」を受賞しました.(H30.10.4)
  • 梅原研究室M1今泉友佑君,M1山田高澄君が「日本機械学会2018年度年次大会 卒業研究コンテスト優秀賞」を受賞しました.(H30.9.10)
  • 溝尻瑞枝 助教が「第10回資生堂 女性研究者サイエンスグラント」を受賞しました.(H29.7.7)
  • 長谷川泰久教授と竹内大特任助教が「Best Paper Award in Service Robotics IEEE Robotics and Automation Society」を受賞しました.(H29.6.1)
  • 秦研究室 D1の荒金 駿君が「日本機械学会 若手優秀講演フェロー賞」を受賞しました.(H29.1.20)