大学院工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻

スタッフ・研究グループ(研究室)紹介 

※名前 身分 メールアドレス 内線番号の順で記載されています.メールアドレスには@mae.nagoya-u.ac.jpを追記して下さい.内線番号は052-789-をつければ外線番号となります.

マイクロ・ナノ機械科学講座

生産プロセス工学研究グループ

umehara200x200.jpg Tokoroyama200x200.jpg Murashima200x200.png 梅原 徳次  教 授  noritsugu.umehara     2785
野老山 貴行 准教授  takayuki.tokoroyama  2787
村島 基之  助 教  motoyuki.murashima  2788

次世代機械システムのための機能性表面の創成と評価micro_ume2016_w300.png
加工では形状創製とともに表面を創製します。機械部品には多くの表面があり,それらの表面特性により新たな機能性を発現します。このような機能性を有する加工面を除去加工,変形加工,付着加工で創製・評価する独自技術を開発します。

  • 超低摩擦CNx膜の創製と評価
  • 血液凝固付着抑制電気メスの開発
  • シリコーンオイルフリー注射器の開発
  • 炭素系硬質膜の衝撃摩耗損傷メカニズムの解明
  • マイクロ波励起・基材近接プラズマによる超高速DLC成膜
  • 摩擦状態に合わせた能動的スマートサーフェイスシステムの開発

 

材料強度・評価学研究グループ

Ju200x200.jpg Toku200x200.jpg Silhouette.jpg 巨 陽   教 授  yang.ju    4672
徳 悠葵  講 師  yuki.toku  5122
(選考中) 助 教  

ナノ力学・ナノ物性学を融合した先端材料の創製・評価の新しい展開micro_ju2016_w300.png
ナノレベルの微小領域における力学,物性学に着目し,学際的アプローチにより,材料,デバイス,構造物の健全性・信頼性評価,さらに微小材料,機能材料,知的材料の開発および評価に関する研究を推進しています。

  • マイクロ波原子間力顕微鏡の開発
  • 金属ナノワイヤ面ファスナーの創製および評価
  • 高次ナノ構造体の創製および評価
  • 金属材料のき裂修復技術の開発
  • 機能性ナノ粒子によるドラッグデリバリーシステムの開発
  • 力学的刺激による幹細胞の増殖・分化機構の解明

 

マイクロ熱流体工学研究グループ

Silhouette.jpg Ymaguchi200x200.jpg Silhouette.jpg (選考中) 教 授  
山口 浩樹 准教授  hiroki.yamaguchi     2702
(選考中) 助 教  

原子・分子流のミクロスケール・アナリシスmicro_niimi2016_w300.png
本研究室では,分子の光吸収や発光を利用した分子センサ技術,分子動力学法(MD)やモンテカルロ法(DSMC)などの分子シミュレーション技術を用いて,高真空場やマイクロ・ナノ流れに代表される原子・分子流の解析を行い,原子・分子の流れ場で発生する特異な性質の解明を目指しています。

  • レーザーによる気体流の非侵襲計測技術の開発
  • 感圧分子膜(PSMF)によるマイクロ流動構造の解明
  • 感圧・感温塗料を用いた非定常熱流動場の解明
  • 実験・数値解析による気体-固体間相互作用の解析
  • 壁面がマイクロ熱流動場に及ぼす影響の解明

 

ナノ計測工学研究グループ

Fukuzawa200x200.jpg Ito200x200.jpg Azuma200x200.png 福澤 健二  教 授  kenji.fukuzawa   2747
伊藤 伸太郎 准教授  shintaro.itoh       3130
東 直輝   助 教  naoki.azuma       3130

マイクロ・ナノメカトロニクスのための精密計測および知能計測micro_fukuzawa2016_w300.png
マイクロ・ナノマシン,マイクロロボット,情報機器,バイオ計測・操作デバイスなどマイクロ・ナノメカトロニクスにおける現象を定量化し設計論を確立することをねらいとして,マイクロ・ナノ計測,バイオ計測・操作,ロボット応用計測,測定情報の処理・認識,シミュレーション等に関する研究を行っています。

  • マイクロ・ナノメカトロニクスのための超精密計測
  • マイクロ・ナノマシンの開発と計測・操作への応用
  • バイオ分子,生体を対象とした計測・操作
  • マイクロ・ナノメカトロニクス設計のためのシミュレーション
  • ロボットハンド用触覚認識とバーチャルリアリティ型触覚呈示

 

マイクロ・ナノシステム講座

バイオロボティクス研究グループ

Arai200x200.jpg Maruyama200x200.jpg Sakuma200x200.jpg 新井 史人  教 授  fumihito.arai       5025
丸山 央峰  准教授  hisataka.maruyama   5026
佐久間 臣耶 助 教  shinya.sakuma        5026

MEMS・ナノテクノロジーを基盤としたバイオ・医療に貢献するロボティクスmicro_arai2016_w300.png
MEMS(微小機械システム)とナノテクノロジーを基盤としたロボティクス・メカトロニクスに関する研究を推進している.マイクロ・ナノ領域の物理化学現象を理解し,バイオミメティックな視点を取り入れた高度集積化・知能システムを実現する.ミリ・マイクロ・ナノロボットシステムの学術研究で社会に貢献します。
 

  • ミリ・マイクロ・ナノロボットシステム
  • マイクロ・ナノロボティクスが拓く生命現象の解明
  • ロボティクス・メカトロニクスで先進医療へ貢献
  • バイオニックデザイン・バイオニックヒューマノイド創製
  • 三次元微細加工,3Dプリンタ,細胞アセンブリ,バイオアクチュエータ
  • 生体信号のカジュアルセンシングと知能システム

 

知能ロボット学研究グループ

Hasegawa200x200.jpg Sekiyama200x200.jpg Aoyama200x200.jpg 長谷川 泰久 教 授  kenji.fukuzawa   2747
関山 浩介  准教授  shintaro.itoh       3130
青山 忠義  助 教  naoki.azuma       3130

人を支援する知能ロボットとマイクロ・ナノ操作システムmicro_hase2018_w300.jpg
人の運動や搬送作業などの作業を,物理レベルおよび視覚レベルで支援する知能ロボット,および,マイクロ・ナノ計測・加工・組立を統合化した革新的なマイクロ・ナノ操作システムを構築し,バイオ・医療・福祉分野への応用を目指します。人とロボットの協調・融合を細胞レベルから実現する技術に挑戦し,世界最先端のロボット技術の研究・教育を行います。
 

  • ロボットの身体化技術および高親和性技術
  • 歩行・走行支援ロボットによるリハビリ・生活支援
  • 内視鏡手術支援ロボット
  • 家庭内の生活支援ロボット
  • マルチロボット協調における分散共有知覚
  • 革新的マイクロ・ナノ操作システムの構築
  • 細胞操作・計測・組立てによるバイオ・医療応用

 

マイクロ・ナノプロセス工学研究グループ

Hata200x200.jpg Sakurai200x200.jpg Oka200x200.jpg 秦 誠一  教 授  seiichi.hata     5223
櫻井 淳平 准教授  junpei.sakurai     5289
岡 智絵美 助 教  chiemi.oka        5031

微細加工技術とマイクロ・ナノメカトロニクスmicro_hata2016_w300.png
新原理・新方式の微細加工技術,MEMS・マイクロマシン用の新材料開発のためのコンビナトリアル技術,材料評価技術,それらを用いたマイクロセンサ,マイクロアクチュエータと医療・産業応用システムの研究を行っています。
 

  • 3次元マイクロ・ナノ構造体の製作プロセス
  • マルチマテリアル・マルチスケール3D造形技術
  • マイクロセンサ,マイクロアクチュエータとその医療・産業応用システム
  • MEMS技術とコンビナトリアル技術の融合によるマイクロ・ナノ材料の超効率的創成・探索
  • コンビナトリアル法による新規機能性・エネルギー材料探索とその応用
  • ナノインプリント技術による太陽光発電用光マネジメント基板の作製
  • 磁性ナノ粒子の生成とその応用
  • 無配線集積マイクロバルブ